一時しのぎの脱毛方法を選択する場合、コンスタントに処理を続けなければなりませんので肌にとってマイナスになる季節を避けることは困難です。


せっかく安全なタイミングで処理を行ってもリスクの高い季節になればまた処理を行わなければなりませんので、自分でしっかりとリスク管理をしながら処理を進めていくことになります。

それに対し、ムダ毛の再生を止められるような方法なら一度きちんと処理を行ってしまえば再生の心配がありませんので脱毛を行わなくても済むようになります。
ただし、施術を受けている最中には日焼けをしてはいけない、過度な刺激を与えてはいけない等の制限がありますので、より管理のしやすいタイミングで受けることが大切です。



肌にもっとも刺激となるのは夏場の強い紫外線ですので、それを避けるためには紫外線の弱い季節を選んで始めるのが無難です。ただし、この手の施術には非常に長い期間がかかりますので、秋口に入って紫外線が弱まったらすぐに受けることが大切です。



選ぶ施術によってもかかる期間は大きく異なります。

同じような脱毛であっても医療レーザー脱毛はパワーが強い分早く終わりますので、短い期間で終えたいならこちらを選択するようにします。



初めて施術を受ける場合はなるべく刺激の少ない方法を選ばなければなりませんので、一番ソフトな光脱毛が無難です。

この方法は刺激が小さいだけでなく美肌効果までありますので、美肌目的で受ける人もいます。